FC2ブログ
ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
【ひょうげた】 へうげもの 14
へうげもの(14) (モーニング KC)
へうげもの(14) (モーニング KC)

 関が原前夜の、徳川家康。古田織部でもある。
 
 古田はいずれ、家康に自刃させられる運命であり、それは、師匠 千利休と同じ道でもある。人よりもそのことに気付きつつある織部の葛藤と、栄達への捨てきれぬ望み。武か数寄か、名誉か孤独か。葛藤にあってこそ、織部好みの嗜好も冴え渡るジレンマ。

 へうげものらしい、生き様よ。


                    AP0500


 6-13巻
http://lucknishikawa.blog39.fc2.com/blog-entry-393.html




【激突】 病み上がりのチャップマン!
超級! 機動武闘伝Gガンダム (6) (角川コミックス・エース 16-13)
超級! 機動武闘伝Gガンダム (6) (角川コミックス・エース 16-13)



ジェントル・チャップマン、遂に登場、ガンダムファイト3連覇の実力者ながら、めちゃ姑息。うわ~、こんなキャラも大好き♪

         AP0494




Gガンダム 1-2巻
http://lucknishikawa.blog39.fc2.com/blog-entry-340.html

Gガンダム 3巻
http://lucknishikawa.blog39.fc2.com/blog-entry-471.html

Gガンダム 4巻
http://lucknishikawa.blog39.fc2.com/blog-entry-488.html

Gガンダム 5巻
http://lucknishikawa.blog39.fc2.com/blog-entry-489.html


【激突】 兄弟ケンカの始まり・・・、デビルガンダム登場!
超級! 機動武闘伝Gガンダム (4) (角川コミックス・エース 16-11)
超級! 機動武闘伝Gガンダム (4) (角川コミックス・エース 16-11)

 遂に、デビルガンダム、兄キョウジが登場する4巻!
 
 ドモンと師匠東方不敗とのやりとりなど、実に見逃せない一冊でした。この巻を読まずしてGガンダムを理解することは不可能でしょう。


       AP0492




Gガンダム 1-2巻
http://lucknishikawa.blog39.fc2.com/blog-entry-340.html

Gガンダム 3巻
http://lucknishikawa.blog39.fc2.com/blog-entry-471.html



【激突】 ロシアの灰色熊
超級! 機動武闘伝Gガンダム (3)    (角川コミックス・エース 16-10)
超級! 機動武闘伝Gガンダム (3)     (角川コミックス・エース 16-10)島本 和彦

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-02-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
超級! 機動武闘伝Gガンダム (4) (角川コミックス・エース 16-11) 超級! 機動武闘伝Gガンダム (5) (角川コミックス・エース 16-12) 超級! 機動武闘伝Gガンダム (1) (角川コミックス・エース 16-8) 超級! 機動武闘伝Gガンダム (6) (角川コミックス・エース 16-13) 超級! 機動武闘伝Gガンダム (2) (角川コミックス・エース 16-9)


超級! 機動武闘伝Gガンダム マンガシリーズの第三巻だ。
 ガンダムシリーズにして、リアルな戦場を追求せずに、各国宇宙にコロニーに住んでいて、4年に一回、地球で主導権をめぐってのバトルを繰り広げるという、ガンダム外伝みたいな作品だ。

 ガンダムにしては、台詞が多い割りに、結局、男は拳で決着だ~のいつも展開である。

 本巻の対戦相手は、ロシアのボルトガンダムである。パイロットはアルゴ。寡黙なヤツなんですが、ちょっと気になる男です。まあ強いんですけど、状況も状況なのでどうなるかという流れでしょうか(説明ヘタか)。

 本巻の見所は、あの男とジモンの出会いですな~。これは必見ですよ~。この出会いから全てが始まったともいえるかも! ッてぐらいの出会いなわけですわ。次巻期待!!


       AP476


 1~2巻を紹介した際のブログ
http://lucknishikawa.blog39.fc2.com/blog-entry-340.html

【ハレンチ】 ラジオだからなんでも許される
松本人志 放送室
松本人志 放送室松本 人志

TOKYO FM出版 2003-07-05
売り上げランキング : 70424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
あまりかん。―尼崎青春物語 放送室 (幻冬舎よしもと文庫) 放送室〈その2〉 放送室 その三 松本紳助 (幻冬舎よしもと文庫)


 ダウンタウンの松本人志と、作家の高須光聖の、ラジオ放送のノベライズ化。

 全部が全部面白いわけでもないし、カリスマ松本人志の、そのカリスマぶりが満載というわけではないが、そのネタの尽きた感や、親友高須光聖への気の許しようが見れることが笑えるということではなくて、面白いというか楽しいなあという感じが伝わってきた。

 かっぱを見た見てないのくだりでは、話として完成度が低く、まだまだ作ってる最中かさもなくば、もう話さんわといわんばかりに話を盛るどころか、どんどん引いていくところは、テレビではみれないですね。テレビだとおもろない話はきりますけど、分量確保のためか、どっち付かずの流れもそのまま掲載してる。

 うさぎとかめの昔話から、なぜ能力の違う者が同じゴールを目指さなあかんのかとい流れで
「そうなんですよ。前もね、十代ぐらいのアホな女にね、「松っちゃん遅れてる!」言われたんですよ。オマエとおんなじ方向いってへんちゅうねん!」の発想は、スゴイですわ、スゴイです。

 松本さんは九九ができないそうですが、この一言いえることは、そうはおりません。


 この本の松本さんは、今の私と同じ歳。同じゴールを目指しているわけではないが、比べてしまうと、自分のダメさ加減がぐさっとくる。もっとおもろいこと、書きたいわ!

        AP0473


Copyright © 2019 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.