ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脳と気持ちの整理術 AP0085
脳と気持ちの整理術―意欲・実行・解決力を高める (生活人新書)
脳と気持ちの整理術―意欲・実行・解決力を高める (生活人新書)築山 節

日本放送出版協会 2008-04
売り上げランキング : 8572

おすすめ平均 star
star出力することが大事!
star過去3作の中でも最も実践的
starスランプを打破するためのヒントを得たような気がする

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 『脳と気持ちの整理術』

 ベストセラー「脳が冴える15の習慣」の続編ですね。
 とても読みやすいので、お勧め。

 【目次】
  第1章 前向きな自分をつくる(意欲を高めるための基本原則
       「やる気が出ない」ときの対処法 ほか)
  第2章 思考の整理術―計画・実行力を高める(「見えない敵」が脳を混乱させる
       「気になっていることリスト」をつくろう ほか)
  第3章 記憶を強化する技術(情報を覚えるためには努力が要る
       「脳の中の小さな机」を意識しよう ほか)
  第4章 アイデアを生み出す技術(創造力を高める生き方、考え方
       「ひらめきの連鎖」を生み出そう ほか)
  第5章 気持ちの整理術(脳を安定させる「感情のリスク・コントロール」
       解釈を変え、不快をやわらげる方法 ほか)

 【感想】
 茂木先生が、脳の構造的なところから説明くださるのに、築山先生は、その辺は
 はしょられています、ので、素人の私としては非常に読みやすいかと。
 脳の正しい使い方というスタンスでしょうか。

 「できることを増やす」、「問題を書き出して思考から締め出し一つの事に考えを
 集中させる」など、意外と実行していることを評価いただけたので、なんだか自信が
 もてた感じ。

 「ご褒美を用意する」、「脳の使う場所を変えていくことで疲れない」、というところは、
 実践してこなかったので、これは新たに取り入れたい。

 最近はすることが多くなってきたので、「時間の制約が必要」、「細切れ時間の活用」
 というのは、自然にできているのかな。

 明日の予定を書き出す、っていうのも、TODOリストで実践してますし。
 選択肢が無限にあるとダメというのは、テレビコマーシャルでもありましたけど、
 迷いの方が強くてどうしようもないですよね。

 記憶は入力ではなく出力と再入力では、やはり、子供のときからやってる、音読み?
 が脳にいいことだったと再認識。
 がばいばあちゃんからの引用で、夜に悲しい話をするな、
 難しい問題は昼に考えろ、というのは、わろた(笑/)。
 
 尊敬する人ならどう考えるか、ってのは、別の本で読んだことがありましたけど、
 実践してませんでした。これって意外と自信と勇気がもてるので、いいですね。

 スピードが求められる時代ではありますが、脳には休みと待つことの大切さも
 必要とのこと、人事を尽くして、後はじっくり成長を待ちましょう。

 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  ランキングをチェック読書  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。