ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
環境問題はなぜウソがまかり通るのか2
環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks (029))
洋泉社
武田邦彦(著)
発売日:2007-09-12
おすすめ度:4.5
環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))
洋泉社
武田 邦彦(著)
発売日:2007-02
おすすめ度:4.0
Amazy



本日3冊。
 環境問題はなぜウソがまかり通るのか2
 1は半月前に読了済み

 武田邦彦さんの言いたいことは下記の通り?
 ①温暖化しても影響は大きくない。
 ②二酸化炭素は温暖化に関係ない。
 ③ペットボトルのリサイクルは環境に良くない。
 ④真の環境問題は石油の枯渇である。
 ⑤ダイオキシンは体に悪くない。
 ⑥京都議定書は実現不可能な日本にとっての不平等条約。
 ⑦マスコミは正しいことを伝えない。
 ⑧政治家・役所は利権がないと動かない。

 上記のような結論がどうして導かれたのかは、本書のみどころであり、
 私が読んだところでは、間違いのないように感じられた。

 この内容が真実であるとして、間違った事実に基づいて行動している
 国民は騙されたわけだが、この犯人は、いったい誰なのか?
 政治家や役人か、マスコミか。
 きっとその責任は、国民が無知であるからだ。

 無知であることは、騙されることであり、迷信を信じることである。

 もっと本を読んで、勉強しよう。

 そうしなければ、またしても騙され、無駄な迷信に基づいて行動しなければ
 ならないのだ。
 誰かに任せてしまえば、常に騙される。

 役人の皆さんには、是非この本を読んで考えもらいたいが、
 それは期待できないことだ。もしこの本が正しければ、今まで投資した責任を
 取るはずがないし、これから自己否定して自己リストラなどできるような人たち
 ではないだろう。

 国民は自らの努力で役人達をリストラしなければならない。

 そのためにもっと勉強して、理論武装する必要がありである。

 マインドマップなし、1時間30分。


関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。