ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロードバイクの科学 AP0064
ロードバイクの科学―明解にして実用!そうだったのか! 理屈がわかれば、ロードバイクはさらに面白い! (SJセレクトムック No. 66)ロードバイクの科学―明解にして実用!そうだったのか! 理屈がわかれば、ロードバイクはさらに面白い! (SJセレクトムック No. 66)
ふじい のりあき

スキージャーナル 2008-03
売り上げランキング : 399
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る


 『ロードバイクの科学』

 今年の6月ごろから、通勤を車から自転車に変更した。

 理由は、ガソリン代のアップが痛かったから(爆)。
 でも月に2~3万円掛かっていた燃料費(自費)が、すべて本代に掛けられるという(嬉しい!)。

 二酸化炭素の排出抑えて、地球を救うためとかいう大義名分をもって
 堂々とチャリ通開始!

 さあ、意気込んで、自転車用メットも購入!
 早速、快適に走っていると、指を指されて笑われる始末。
 「ヘルメットかぶってるのに、ママチャリかよ!」
 ・・・安全重視で何が悪い(泣;>;)。
 
 ということで、バイクの本を読んで、サイクルモードインターナショナル2008を
 今日、見てきましたよ。

 という事で、まずは、サイクルモードの熱気をお伝えしたく。

サイクルモード2008
サイクルモード_convert_20081102225749


 サイクルモードは、幕張で11月7~9日にしますから、是非参考にしてくださいね。
 初日、午前中で大盛況。参加者はざっと4~5万人くらい?

 どのブースも、試乗街で渋滞でした。

百万円_convert_20081102230229

 いきなり来ました、100万円バイク! 
 こりゃ、無理でしょ~、でも、ちょ~カッコイイ!!

試乗_convert_20081102225934

 皆さん、試乗自転車でビュンビュン走ってます!
 天気もよくて、新車で、爽快感が伝わります、おいらも乗りたい~。

女性専用_convert_20081102230038

 私が気に入ったバイク。でも女性用(爆)。

 で、書籍紹介・・・の前の自転車紹介。
 自転車には、大きく分けて2種類あります、オンロードとオフロードですね。

 オンロードは、舗装された道を入るタイプ。
 タイヤが細くて表面がツルツル、もしくは若干の溝があります。
 シートが非常に高くて、ハンドル位置より、10センチくらい高いです(腰、辛)。
 スピードが出ますので、かなりの前傾姿勢で、空気抵抗をいかに減らすかが、
 ポイントになります。
 
 もう一つがオフロード。 
 こちらは、未舗装の山道をガリガリ行くタイプです。道が悪いので、
 タイヤは太く、ブロックタイプの大きな溝があります。
 シートはハンドルと同じ程度の高さ、ただし、サスペンションがいっぱい付いてます。
 と、ココまでは、プロもしくは、趣味でのめり込む世界感。

 オンとオフの両方利点を取り込んでいって、街乗り、シティサイクルになっていくと
 プロ仕様から、一般的な自転車になってきます。
 後は、折りたたみとか、雰囲気の良いものなど、色々な嗜好で選択肢が出来て
 くるわけですね。
 
 私が手を出すのは、オンとオフの中間といった、この辺が狙いかと。
 しかし、どうしてプロ用は、泥除けが付いてないのでしょうか?
 この疑問だけは、解決しませんでした(泣;>;)。
 (ど素人の私には必須のはず)
 
 で、ようやく書籍紹介。「ロードバイクの科学」ですが、
 内容は、これから趣味で自転車を始めたい人向けの入門書ですので、
 非常に読みやすい構成になっております。
 科学的な根拠もしっかりしているので、ふんふんと読み進むことが出来ましたよ。

 といいつつ、私には理解不能!(私は一応理系出身(泣;>;)、かなりアウトな私)
 航空機みたいな高度な計算が必要(泣;>;)。・・・、でも身近な乗り物です、
 漕げば、誰でも乗りこなせますから、安心ですよね。
 
 でも、きっとこの辺が男の子の人気を集める要因なんでしょうね。
 ハイテクマシーンを使っている感じ、筋肉質な感じ。スピード感。
 男の子のいいおもちゃかと(いい意味で)。

 今日の当りは、 疋田智 さん。 自転車通勤を推進されている方のお話が
 面白かったなぁ。
 日本は、自転車は左側を走るのか、右側を走るのかすら、決まっていないとか。
 
 田嶋陽子さんではないけれど、ヨーロッパとは比較にならないほど、自転車後進国、
 ですな、日本は(泣;>;)。
 
 自転車が走りやすい街にどんどん変わっていければ嬉しいなあと思った、
 秋晴れの一日でした。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。