ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイクロトレンド―世の中を動かす1%の人びと AP0054
マイクロトレンド―世の中を動かす1%の人びとマイクロトレンド―世の中を動かす1%の人びと
吉田 晋治

日本放送出版協会 2008-04
売り上げランキング : 10003
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る


 マイクロトレンド―世の中を動かす1%の人びと

 マインドマップなし、読書時間2時間30分
 再読予定なし

 世の中が変わった変わったという意見は良く聞きますが、いったい何がどう変わったのかという事が日々疑問だったりするわけですが、皆さんはどんなところで世の中の変化を感じてますか?

 見た目の変化、例えば街の風景が変わったとか、自分が歳を取ったとか、あるいは世の中のデジタル家電が普及して便利になったとかの変化は日々感じておられると思いますが、これって表層的な変化だったんだと気付かされたのか本書(遅っっ)。

 そんな表層的な変化ではなく、人の考え方の変化、ライフスタイルの変化を具体的に説明したのが、本書「マイクロトレンド―世の中を動かす1%の人びと」です。

 昨今、男性でありながら編み物のカリスマとして有名なプリンス広瀬光治氏や、華道家 仮屋崎省吾氏は、従来の価値観からすると否定されていたのではないかと思う反面、その技術の高さと、あるいは社会が寛容になったためなのか、個性的な方々の活躍の場が広がっています。

 音楽の世界でも、かつては、美空ひばり氏などの国民的な歌手が国民唱歌として流行る時代は終わり、それぞれの世代、ライフスタイル毎に好きな歌手や曲があり、それぞれの区分毎に接点がないまま、年末を迎えています。
 紅白歌合戦を見ていると感じませんか? 売れているのに、ある世代にはまったく誰だかわからない人がたくさん歌合戦に出る時代なのですね。

 そういった、ごく小さな市場というか、ごく個人的な嗜好?を持つ集団が生まれており、既成概念では一括りには出来ない状況が生まれつつあるのです。、
 そのニーズをいち早く捉えることができなければ、客の考えなどわかるはずもない、逆に言えば、いち早く理解することは、ビジネス発展のための、将来の布石となることは間違いないでしょう。

 さて、本書で説明しているマイクロトレンドはどれも非常に興味深いと思います。子供のベジタリアン、質素な富裕層、難聴の若者、ネット嫌いなど、色々な可能性が実現していることに驚き、「普通」というものが形を成さなくなっているのが、恐ろしくもあり、自由とはこういうことかという気もしてきます。

 マーケティングをしていく人には一読をお勧めします!

集中から分散していく世界読書



 
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。