ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソロモンの指環―動物行動学入門
ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)
ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)

 「 ソロモンの指環―動物行動学入門 」

 1949年に、ノーベル生理学医学賞を受賞した
 コンラート・ローレンツ氏によって書かれた、
 一冊。
 
 小学生高学年、中学生でも十分に読む事ができる
 読み易さと、なんと言っても動物に対する無上の
 愛に溢れていて、心温まるすばらしい一冊だ。

 部屋中をフンだらけにされ、近所からは変人扱いされ、
 廊下を水浸しになっても、動物を観察し、身近に感じる
 ことの無上の喜びを1行1行に感じさせてもらえる、
 他に比類ない一冊。
 
 全ての人に、地球上に共存する生命の
 存在を感じてもらうためにも、この一冊は是非にも推薦
 したい。

 動物学者にとっては、動物たちの営みは人間的、なのではなく、
 人間の恋の駆け引きこそが、動物的なのだ。

 我々が論理的に行動しているという大半は、遺伝的に
 動物として反応しているのではないかという話が、
 この本を読むと、そうに違いないと思えてくる不思議さを
 味わってほしい。
 
 あんなちっぽけな魚に見られる我が子への愛情、
 コクマルカラスの愛と別れの刹那さと言ったら、
 本来であれば、筆舌に尽くしがたいといいたいところだが、
 本書は、筆にしてしまったのだから、見事! である。

 好きこそものの上手なれ、愛情があればこそ、
 見るべきものが見えてくるんだなと、ものの本質にも
 気付かされた。

 一度簡単な動物から飼ってみたくなる、
 動物を飼う事に興味がない人ほど、インパクトは大きいん
 じゃないかな。

 何を隠そう、私自身、まったGく興味がなかったのに、
 動物を飼うことや、育児なんかにも、喜びを感じているのだから。


        AP0528 冊目






関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。