ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
労働法のキモが2時間でわかる本 AP0049
労働法のキモが2時間でわかる本労働法のキモが2時間でわかる本
石井 孝治

日本実業出版社 2007-11-15
売り上げランキング : 7914
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る


 労働法のキモが2時間でわかる本

 マインドマップなし 読書時間1時間
 再読予定なし。

 労働法の就業規則周辺の事が良くわかる本である。マンガもあって、事例も物語風で、とっても読みやすいので理解しやすい。
 でも一度読んじゃって労働法がこういうふうになっている、企業はこの通り守らないといけないということを知ってしまうと、大半の人は、腹を立ててしまうのではないか?
 それは、労働法がほとんど正しく守られていないからだ。企業は労働者に1分でも多く働いてもらい、かつ、支払いは1円でも少なくしたい。そうして企業側は、労働者が無知であってほしいと考えているのである。

 日本人は、とかく組織は自分を守ってくれると考えているが、会社は労働者を守ろうとは考えていない。第一は会社が潰れないこと、次は会社の利益が最大化になるよう行動し続けているだけである。

 という意味からして、この本は労働者必読の書であり、企業幹部においては社員に見せてはいけない本でもある。

 さて、この本、性善説に立ちすぎで、物語に登場する社長が物分り良すぎである。物事がこんな簡単ならいいのだが、そうはいかない。どうやって労働法を会社守らせるのか、それは戦争であり、戦っている間、自分がいかに首にならないように立ち回るかが大事になる(笑/)。

 さて、労働法と交通規則とは決定的に違う。交通規則は守らないと事故の元となるが、労働法を守っても会社は潰れるということである。労働者の就業の機会を奪うことがあるということに無関心である。それが企業側に労働者の弱みを握らせるのだ。
 だからといって労働法が会社の倒産回避を担保することはありえないのだが。

 日常、労働法を読む機会がなければ、一読してみてはいかがだろうか。

忠義はオレンジだけ、労働者は法律を学べ読書

 
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。