ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パレスチナとイスラエル
なるほどそうだったのか!!パレスチナとイスラエル
なるほどそうだったのか!!パレスチナとイスラエル

「なるほどそうだったのか!!パレスチナとイスラエル」


 中東紛争が如何に分かり辛いかというのは、
 日本人にとっての共通認識だと思う。
 そこを見事に、すっぱり解決するのが、この一冊だ。


 ヨーロッパがユダヤ人を2階から突き落とし、
 たまたまその下をパレスチナ人が歩いていて、
 怪我をした。
 ・・・という、なんともわかりやすく
 イスラエル建国を単純化しているが、
 まさにその通りだと思う。

 エルサレム、産油地帯、そして、
 欧米とロシアの中間地帯という地理条件。

 原油による地域別の貧富の差も大きく、
 そこにもってきてのパレスチナ人の追放。
 恨み妬みの怨嗟も少なくないと思われる。

 日本とて例外ではなく、かの地に干渉する周辺各国の
 思惑も重なって問題は日々複雑なのだ。
 
 中東は、文明発祥の地とも考えられており、
 この地域のありようこそが、世界中の人類そのものの
 ありようにつながっていくといって言い過ぎでは
 ないと思う。

 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教と
 兄弟のような宗教なのに、それぞれが一神教で、
 かつ、他の宗教を受入れるような寛容さがない。

 単一民族といってよいと思うが
 我々日本人には、体験した事がないような
 多様性(ダイバーシティ)だ。
 多様性がすばらしいとはとても思えないのだが、
 それが世界の現実なのだから、鎖国しないと決めた以上
 日本人としても受入れざるを得ない。

 イランが新米から嫌米に変わるなど
 人々や国々の主張、関係性も一定ではない。

 ユダヤ人の間でも、宗派があって、あっちとは違う
 発言もあるのだとか。
 人間はかくも他人とは違うんだ、ということを
 主張したがるものかと、思ってしまった。

 塩野七生さんは、一神教の息苦しさと
 表現していたが、同感。

 世界の週末が訪れるまで、我々は救われないのだろうか。

 日本という国は、四方を海に囲まれたおかげで、
 単一でいられた事は、大変な幸運である。
 (参勤交代で単一にしてしまった、ともいえるが)

            AP0524 冊目




関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。