ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腸! いい話
腸! いい話 (朝日新書)
腸! いい話 (朝日新書)

 『 腸! いい話 』


 生命の根幹とは何か?

 脳なのか。

 いや、腸である! という原点回帰の一冊。


 食べる事が、生きる事であり、身体そのものをつくり、
 精神も、その身体に依存している。

 食べることとは、腸の活動そのものである、
 ということがわかる一冊。


 なのに、現代人は、どうしてこれほど、
 腸のことを考えずに生きていけるのか、
 という問いがふつふつと沸き起こる。

 腸のことを考えない、
 そのことが不健康の始まりでもあり、
 現代人の、ひ弱さの原因なのだろう。


 そしてミトコンドリアという、身体の全細胞に存在する
 外来生物、及びそれとの共生。

 共生という意味では、腸内細菌なしでは生きていけない
 という意味で、我々の身体は異種生命の集合体ともいえる。
 
 人間の強さとは、異種生命の集合としての
 強さである、と考えると、何をすべきなのかという
 ことが見えてくる。
 腸というカオス空間、あるいは秩序を理解することが
 重要なのだ、という原点がみえてくるのだ。


 我々はミトコンドリアの下僕なのか、支配者なのか。
 ということも脳裏を掠めるのだが、判然としないこと
 こそが、共生という意味でもある。


 この一冊で、腸から始まる健康管理という、
 生命の原点に忠実な方法論が手に入る上に、
 生命の不思議、進化の不思議にも触れる事ができる
 というのだから、面白い! といえるのだ。

 
           AP0519




  
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。