ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スプートニクの落とし子たち
スプートニクの落とし子たち
スプートニクの落とし子たち

 『スプートニクの落とし子たち』

 作者は東京大学工学部卒、現在は、中央大学の教授である
 今野浩氏だ。

 本書の題名から、ロシアの宇宙計画にまつわるものかと思っていたが、
 読んでみると、東大工学部のその後に関する、ノンフィクションだった
 ので驚いた。

 1960年代当時のエリート中のエリートがこぞって理系に入ったのは、
 ロシアのスプートニクがアメリカに先んじて、ロケット開発に成功した
 ためであり、筆者は、そのことをエリート達が世に活躍できなかった
 悪因だと総評しているようにも感じられた。

 エリート達の会話がまったくもってすごい、あまりに別世界なので 
 垣間見れただけでも価値ある一冊といえるだろう。

 だが、就職する段になって、理系では会社のトップになれないと
 早くも諦めムードだ。海外に出て、MBAを取得し、文系への転職を
 計る者もいたりする。
 
 本書の主役である後藤氏も理系から、金融工学に転職し、一生分を
 荒稼ぎして、その職を退職した後、無理と思われた教授の席を奪取
 したものの、最後は前半生とは対照的に打ち捨てられるような最後を
 遂げる。

 なんだか、半分は、作者のやっかみ見たいで、足の引っ張り合いと
 まではいかないが、見下す感じがしないでもない。どこまでいっても
 順位付け、点数付けから抜けられない感じがする。
 多様性というものの評価がまったくない。

 ベスト ブライテストと自ら呼べるほどに、彼らは、東大に入学する
 ために、一日14時間も猛勉強するのだから、どこまでいっても
 競争し、誰々がどうなったと比較せざるを得ないのかもしれない。

 彼らが、研究室で血眼になったおかげで、技術大国日本の基礎が
 作られたことに間違いないのだが、二流三流の人間が高級官僚や、
 政治家になって、日本を牛耳ったというあたりは、やっかみ半分と
 いったところか。

 人生とは、このような天才達にして、思い通りにいかないものであり、
 私のような凡人は、「人のいく裏に道あり、花の山」を念仏のように
 唱えながら、競争しないですむようなニッチで戦うのがベストと
 あらためて痛感した一冊である。

 人生って、セレンディピティなんだよな~。

 WIKIから抜粋
 セレンディピティ(英: serendipity)は、何かを探しているときに、
 探しているものとは別の価値あるものを見つける能力・才能を指す
 言葉である。
 何かを発見したという「現象」ではなく、何かを発見をする「能力」
 を指す。平たく言えば、ふとした偶然をきっかけに閃きを得、
 幸運を掴み取る能力のことである。


                 AP0517
 






  

関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。