ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【光】 眩く輝く光の軌跡
フェルメール 光の王国 (翼の王国books)
フェルメール 光の王国 (翼の王国books)

 実に美しい一冊である。フェルメールを紹介しながら、旅行記のようでもある。著者の写真好きによるものなのか、風景写真や額縁付きの絵画、見とれる人の後姿付き、著者も登場する。ちょっとしたミニアルバムか。
 絵や作家の人生を追うだけでなく、街や、額縁のすぐ側の空気感が良く伝わってくる。見たい絵を追いかけるとこんな風景がたのしめるのか。いい旅行にいけた気分。

 カメラのない時代に、自然の、街の風景を、写実的に描いた画家、フェルメール。21世紀のフェルメールをリアルに捉えた実に美しい一冊。


   AP0489


ブランデンブルク門。ドイツを象徴する遺跡である。ステキ。

Brandenburger Tor


 フェルメールからのラブレター展。京都で、私はフェルメールとであった。キレイ。
 http://vermeer-message.com/



 そして、京都美術館。フェルメールの時は1時間以上並んだ。実物をみるのと、本で見るのとでは、絵画のすごさは桁違いに違うこと実感した。

京都市美術館




 フェルメールといえばこれかな。「真珠の耳飾りの少女」。額縁もすごい。

真珠の耳飾りの少女@ハーグ



関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。