ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【近未来】 人生の最適解が与えられる世界
ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)
ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)

 第30回(2009年) 日本SF大賞受賞 作品。

 病床にいながら本書を書いたという伊藤 計劃は、34歳にして、死んだ。

 氷の女王が触れるものを無残にも凍結させていくように、伊藤 計劃は、触れるものを近未来に運んでしまう。死の床にいながら、彼は何を見通したのか。

「わたしの瞳に映ったもの、それは2060年6月12日の夕日と、こう言ってよければ彼岸此岸問わず地平線の彼方まで果てしなく広がる一個の巨大な病棟、人類は今や、無限に続く病院の中に閉じ込められた」

「社会的結合の旗印って意味合いも大きいがな。国家的に癌撲滅や禁煙を大々的にはじめたのがナチスドイツだって知っているか」

 今の日本を覆う健康志向を敏感に感じ取り、自らは死の病に犯されながらも、その気持ち悪さをこき下ろす筆者の毒舌ぶり、自らの命と引き換えに皮肉る姿勢、SF作家の本懐なのかもしれない。

         AP0487


 虐殺器官
http://lucknishikawa.blog39.fc2.com/blog-entry-477.html

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。