ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ビジネス書】 儲けの仕組みが分かることで。
コーヒーとサンドイッチの法則
コーヒーとサンドイッチの法則竹内正浩

東洋経済新報社 2008-12-05
売り上げランキング : 163292

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人 稼げない人 週末起業 (ちくま新書) いいことが起こり続ける数字の習慣 幸せを引き寄せる お金の習慣 私はどうして販売外交に成功したか (Life & business series)


 で、昨日の続き。

 本書を読むとビジネスの儲けの仕組みが見えてくる。スタバではコーヒーを売ること以上にサイドメニューが大切だったり、保険会社が集めたお金の運用で儲けていたり。客が買っているものと、店が売っているもの、そして店の儲け方が違う、ということが良く分かった。

 本書を読んで気付いたならば、今後考えなければならないのは、1.文字通りの内容。2.相手のメリット。3.誰がどれだけ儲けているかということになる。

 ビジネスの場合はまだまだ分かりやすい。だが、これが政治だったら。あるいはNPO、NG0、政府役所のすることだったら。善意だなんだと文字面だけ追いかけていては、本来の目的、あるいはその悪意について気付かないのかもしれない。物理の法則のように面前の事実を正しく証明できる法則のみが、全体に理解しえるものではなく、あるいは多次元で物を考える必要があったり、よくよく思いを馳せる必要があるのだ。

 我々の立ち居地は人それぞれことごとく異なる。年齢も違えば出身も違えば、話す言葉、宗教、性別、思想、趣味思考はもとより、善意悪意について、方法も違う。高度成長期においては一面的に捉えることが出来たとしても今の時代、それは叶わない。そういうことを複雑という、のかな。







関連記事
スポンサーサイト
コメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
株の初心者の入門[URL] 2012/02/16(木) 16:39 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。