ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ハレンチ】 ラジオだからなんでも許される
松本人志 放送室
松本人志 放送室松本 人志

TOKYO FM出版 2003-07-05
売り上げランキング : 70424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
あまりかん。―尼崎青春物語 放送室 (幻冬舎よしもと文庫) 放送室〈その2〉 放送室 その三 松本紳助 (幻冬舎よしもと文庫)


 ダウンタウンの松本人志と、作家の高須光聖の、ラジオ放送のノベライズ化。

 全部が全部面白いわけでもないし、カリスマ松本人志の、そのカリスマぶりが満載というわけではないが、そのネタの尽きた感や、親友高須光聖への気の許しようが見れることが笑えるということではなくて、面白いというか楽しいなあという感じが伝わってきた。

 かっぱを見た見てないのくだりでは、話として完成度が低く、まだまだ作ってる最中かさもなくば、もう話さんわといわんばかりに話を盛るどころか、どんどん引いていくところは、テレビではみれないですね。テレビだとおもろない話はきりますけど、分量確保のためか、どっち付かずの流れもそのまま掲載してる。

 うさぎとかめの昔話から、なぜ能力の違う者が同じゴールを目指さなあかんのかとい流れで
「そうなんですよ。前もね、十代ぐらいのアホな女にね、「松っちゃん遅れてる!」言われたんですよ。オマエとおんなじ方向いってへんちゅうねん!」の発想は、スゴイですわ、スゴイです。

 松本さんは九九ができないそうですが、この一言いえることは、そうはおりません。


 この本の松本さんは、今の私と同じ歳。同じゴールを目指しているわけではないが、比べてしまうと、自分のダメさ加減がぐさっとくる。もっとおもろいこと、書きたいわ!

        AP0473


関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。