ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【拝見】 お宅の茶道具、見せてくださいな。
淡交10月号増刊 もう一度、おさらいしたい「拝見」の基礎知識 2011年 10月号 [雑誌]
淡交10月号増刊 もう一度、おさらいしたい「拝見」の基礎知識 2011年 10月号 [雑誌]
淡交社 2011-09-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫) 茶の結び緒


 私は正座が出来ない。子供のときは少林寺を習っていたので出来たかと思うのだが、中学のバレーボールでひざに水がたまって正座ができなくなった。なので、茶道とかは、まず、正座が出来ないので敷居が高い。だが、「へいげもの」の影響で茶道具には興味がある、と、今日の一冊だ。

 茶室、床の間、茶道具などを拝見する作法と、何を楽しむかをごく簡単に説明した一冊である。茶室に招いてくださった方の意思を読み取り、関心したりするわけだ。ほほ~、すばらしい~、とこんな感じだ。

 花入れ、茶杓、香合、炭、茶入れ、掛け軸、器の見方などなどだ。中をみて、裏を見て、いやいやそこまで見るのは礼儀にもとるとかさ。

 最近は寺に行っても、正座を強要されることが少なくなった。歳を取るとひざの悪い老人も多くなる。正座をするのは世代を超えて面倒になりつつある。と、なれば、茶道も正座を飛び越していれば、大きなブレイクスルーをもたらすのではないか。千利休以来の大革命がそこにはあるかもしれないと、わくわくもするのである。


        AP0474


関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。