ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国人の部下に王将をご馳走した。
 中国人の部下に、「大阪王将」で昼食をご馳走した。

走井,王将

 本文は、続きを読むをクリックしてね。


 
 大阪に来て数ヶ月の中国人の部下、小麗(シャオリー、仮名)に、昼食をご馳走する事になった。中国では、白ご飯または、麺類または、餃子が主食になるのだという。餃子といっても大阪の餃子のように焼いたものではなく、水餃子が主になるという。ということは、餃子定食は、白ご飯を白ご飯で食べるようなものか、と聞いたところ、そうだという。よく、大阪人は、やきそばやお好み焼きとご飯で定食として販売されているが、関東のもんにバカにされるのだが、それと良くにた感じのようだ。大阪では、炭水化物を炭水化物で食べる文化がある。

 さて、中国人である小麗ちゃんは、何でも興味深々である。日本食といえば、刺身などの生食なのだが、部下を昼食に連れて行くのに、いちいち寿司を食わせるつもりもない。ここは合えての中華料理、天下の「大阪王将」をたべさせ、そのリアクションを確認するのも一興だろう。

 早速、彼女に、餃子定食を頼ませる。

 餃子を、そして水餃子ではなく、焼き餃子を注文させる。大男である私に対して、常々緊張している小麗ではあったが、ここぞとばかりにテンションが上がっているのがよくわかる。餃子には目がないということか。すぐに餃子定食がテーブルに届く。

「こんなにあるんですか? スゴイリョウデスネ」

 イントネーションまで、ハイテンションである。

 大阪王将の量を知らぬと見えるな。なめてもらっては困りますな。フフッ、もちろんおごりですから、責任もって全て食べていただきヤス。餃子定食には、餃子、ラーメン、から揚げに、ご飯がてんこもりなのだ。

 (見せてもらおうか。中華連邦のMSの性能とやらを・・・)
 
 と、みていたのだが、キャシャな体で、ぺろりと食いきったではないか。

 「前は12ケ、食べマシタヨ」 (今日は6ケ)

 (なんだと。えぇいっ! 連邦のモビルスーツは化け物か!)

 だが、王将の真の力は、量ではなく、その安さである。二人で1400円以下という安さである。ハハハッ、この勝負は私の勝ちである。


 という、中国人、ミーツ、王将餃子の話でした。

 


 
餃子のスゝメ
餃子のスゝメパラダイス 山元

マガジンハウス 2006-11-30
売り上げランキング : 10740

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
餃子本 (エイムック 2200) dancyu復刻版 餃子万歳 (プレジデントムック) (プレジデントムック dancyu 復刻版) 読む餃子 餃子大全―あの有名店・人気店の、餃子の技術と味が分かる! (旭屋出版MOOK) 手づくりしたいほかほか中華まん




関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。