ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鏡があっても真実を写すとは限らない。
 こんにちは。すててこの上に、レッグウォーマーまで使っているエンリケです。



 温泉で、風呂場にある鏡で、自分をうっとり見つめていた、おっちゃんがいた。


おっちゃん
おっちゃん


 本文は、下記のリンクから見てくださいね。
 温泉に行った。
 
 夜遅くだったので、自分だけかと思っていたが、私だけではなくて、もう一人浴室におっちゃんが入っていた。

 曇ったガラスの向こうだったので、良く見えない。「うい~~~っと」。おっちゃんは浴室で一人上機嫌のご様子、ストレッチをしながら、大きな声でうめき声を出していたので、ゴリラでなければ、おっちゃんだろうと予測できた。


 私は、更衣室の端っこの方で服を脱いでいると、浴室の扉がガラガラと開いて、おっちゃんが浴室を出て、更衣室に入ってきた。ノッシ、ノッシと床がみしみしいっている、おっちゃんでなければ、豚だろう。

 私が振り返るとそのおっちゃんは、うっとりと、鏡に映る自分の姿を見つめていた。まずは、薄くなった頭を両手で撫で付けた。続いてぶよぶよの二の腕に力を入れて力こぶしを鏡に写した。マッチョとは程遠い。続いて胸と腹、突き上げたお餅のような胸と腹をタプンタプンとゆすっている。おどろいたのは、「うっとり」していることだ。

 野暮だが、このおっちゃんは、私の存在に気付いていない。だが、浴室に入るには、おっちゃんの視線に入らざるを得ない。

 私は咳払いをしながらを横を抜けようとした。

 そのときになって、私に気付いたおっちゃんは、ばっと振り返って、ぎょっとした顔でこっちを見て、慌てて、そして両手で、乳首を隠したのだ。

 薄くなった頭、ぽっちゃりしたお腹、みっともない息子さん。それのいずれも隠さず、乳首だったのだ。

 え~、そっちの気もあるわけ~、うぇ~~。

 運良くそのおっちゃんは、そのまま着替えて風呂場を出ていった。浴室に戻っていてたら、地獄でしたね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。