ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文章はすてきなコタツ?
 隣に座っている同僚に、メールで連絡を取る。今時の若者は、コミュニケーション能力がないと、オヤジ達はいうが、本当にそうなのだろうか。

 携帯電話が主流の時代に手紙を書くことはバカなことなのか。年賀状を出すくらいなら、ネット電話がいいというのだろうか。それでは、正月気分も台無しだ。
 文章を書くとき、私は、必死に考える。思い付きから筆を取ったとしても、自分が何を伝えたいのか、必死に考える。思いが伝わればいいのに、自分のことを理解してもらいたいなどと考えながら。こんな言葉をかければ相手が笑顔になるんじゃないか。怒りはしないか、失礼にならないか。ヘタな文章を書く。どんなにヘタクソな文章でも、それは声を出して話しかける言葉とは、同じ言葉ではない。

 節電の冬が始まろうとしている関西では、コタツが再び脚光をあびている。エアコンや、床暖房のように電気をたくさん消費しないことが主な理由だが、思わぬ副作用もあるものだ。コタツに入るには、顔を机の方に向けねばならない、机に顔を向ければ、家族も同じように顔を向ける。知らず知らずに家族の顔が、近づいている。コタツの熱が、コタツの下でぶつかる足から伝わってくる。じんわりじんわりと。

 文章を書くことで、人と人との距離が縮まることもある。相手の目を見て話す以上に。
 相手が自分のことをどう思っているか、自分がどう思っていたのか、つたない文章だからこそ、伝わる言葉もある。

 伝わる文章とは、キレイな文章ということではなく、気持ちが伝わるか、相手の熱が届くかどうかの、距離感が大切なのではないか。この冬のコタツのように。

 若者のメール文化もバカにしたものではない。相手への思いやりから始まっていることもあるのだ。
 「部長がああいっても、あなたは正しいことをしたよね。気にしないで」上司がいる事務所内でこんなやり取りが交わされているかもしれない。部長にも気を使いながら。その距離感は、コタツといっしょで、とても近い。


誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書)
齋藤 孝

誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書)
地アタマを鍛える知的勉強法 (講談社現代新書) 読書のチカラ 人はなぜ学ばなければならないのか 人を10分ひきつける話す力 (だいわ文庫) 「意識の量」を増やせ! (光文社新書 522)
by G-Tools


    AP0444


関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。