ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビジネスなんて簡単だ
「記事トレ!」日経新聞で鍛えるビジュアル思考力
「記事トレ!」日経新聞で鍛えるビジュアル思考力


『「記事トレ!」日経新聞で鍛えるビジュアル思考力』

 -ビジネスなんて簡単だ-


 以前、ビジネスなんて簡単なものだという言葉を聞いた。
 それはスポーツと比べればという意味だが。スポーツの場合、どんな種目でも朝から晩まで同じことを繰り返し、年に数回しかない大会に向けて調整を行いながら、見えない敵を想定して努力を続けなければならない。途中の苦労などなかったことのように試合結果だけしか見てもらえない。何千人という参加者がいても表彰されるのはトップ3だけ、スポーツを生活の糧にすることが出来る人は、全体の1%にも満たないことがざらな世界なのである。そんなスポーツと比べれば、ビジネスなんて、という話である。
 ビジネスならば、トップ1万位であっても年収数千万円の可能性もあり、スポーツの世界に比べれば楽なものだ。
 (西田文郎氏の言葉だったと思う)

 先日岡山の後楽園を訪問した際、テレビクルーが施設の担当者に質問している言葉を耳にした。
「放射性物質が撒き散らされた影響で、外国人の観光客が少なくなっている話を聞きましたが、何か具体的な話とか困ったこととかないですか?」記者は臆面もなくそう質問し、聞かれた人が困惑していた。「確かに少なくなったかもしれませんが、それほどでもないですが…」横で話を聞いていた私は、なるほど、ニュースは事前に作られているものなんだなと、妙に納得したことを覚えている。

 こんな話もあった、先日某新聞記者が私の勤務する会社を特集すると取材に来たが、我々なりに考えていたビジネスモデルを説明したところ、「なるほど、最先端ビジネスモデルは陳腐化が早いですが、従来から成功しているビジネスはなかなか陳腐化せずに息が長く続くんですね」と切り替えされた。それは我々が説明した話とは違う。パナソニックやソニーといったハイテク企業の赤字決算と対比して、ローテク企業のしぶとさが最近のビジネストレンドらしい。

 比較する定規なくして、ものの長さを把握することができないように、我々は常に固定観念を持ち、ネイティブの言葉と考え方を軸に他の文化や考え方を比較する。そうしなければ、実態を把握することができない。シンプルにしていけば、一見違っているものも、自分が理解しているものに類似させることができる、話せばわかるんだと思ってしまう。

 ビジネスを評価するにはどんな道具を使えばいいのか、その一つの答えがピクト図解である。ビジネスモデルを骨組みにまで落とし込み、誰でも一目でわかるようにしてしまう、図。こんなすばらしい道具が出来てしまうと、ヤッパリビジネスは簡単だと言われてしまう。
 そんな単純な話ではないと思いますが、どう思いますか。





       AP0441
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。