ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本が強く世界に輝いた時代
秋山真之―伝説の名参謀 (PHP文庫)
秋山真之―伝説の名参謀 (PHP文庫)

『秋山真之―伝説の名参謀』

 1905年、日本海軍が最強と謳われたロシアのバルチック艦隊を
 打ち破ったニュースは全世界に日本の存在を強く知らしめること
 になる。

 東郷平八郎海軍大将に率いられた旗艦三笠には、秋山真之が
 参謀として乗船していた。

 「敵艦見ゆとの警報に接し、連合艦隊はただちに出動これを
  撃滅せんとす。本日天気晴朗なれども波高し」

 と名言を残し、日本はこの海戦に見事に打ち勝ったのである。

 江戸幕府の長き停滞から、一躍世界の檜舞台に躍り出た日本。
 
 だが、この勝ち戦は、後の負け戦にも繋がってくのだが。

 日清日露戦争から、戦争は世界中を巻き込みながら進行いく
 ようになり、その傾向は未だに続いている。

 嫌戦の日本であればこそ、戦争をしっかりと研究しなければならない
 だろう。


               AP0434


関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。