ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大航海時代IV 
KOEI The Best 大航海時代IV~ROTA NOVA~
KOEI The Best 大航海時代IV~ROTA NOVA~

『大航海時代IV』

 任天堂、DSのゲームです。高い評価を得てのベスト版(安価)です。
 
 主人公を4人から選んで7つの海を制覇するゲームです。
 シュミレーションゲームなのですが、信長の野望、三国志とは
 趣がことなります。

 大航海時代というグローバル化が加速した時代を追体験できる
 面白みがあります。
 ゲームの流れは、交易してお金ためて、船買って、ライバルを蹴落とす
 ことが目的です、海域の覇者になれば、ライバルたちを傘下に従え、
 収益を得ることもできます。

 覇者になってかつての協力的なライバルたちを傘下するのは、
 結構非道ですが、強引に傘下にしました。かなり残酷です。
 力こそが正義です(笑)。

 顔を見ると蹴散らしていいライバルなのか、そうでないのかが、
 すぐわかる設定です。
 大砲で迎撃したり、海賊行為もしたりされたりです。
 (大英帝国は、実際に海賊を海軍提督にした経緯があります)

 航海士という乗船してくれる仲間を集めて、レベルアップもしなくちゃ
 いけません。

 船の種類も多種用意されていて、時代時代の最新鋭船の勉強になります。
 まあ、ゲーム上使うのは、限られてくるのですが。

 世界中の港港を訪れるので、世界地図の勉強にもなります。
 制海権の支配は、今も昔も国益に直結してるのが、よくわかります。
 港と航路を押さえることで、交易品の利益を独占することができます。
 ラクダで陸路を行くことを考えると、早くて大量、比較的
 安全に運ぶことができます。
 (当時の船旅は、衛生的に過酷だったようですが)
 
 とかく、米国の軍事力というと核の傘ということになりがちですが、
 空母がもたらす制海権が安全な航行をもたらし、貿易で多額の国益を
 得ていることも忘れてはいけません。

 ゲームと侮れない、ゲームだから体感できる、
 同時代の勉強にうってつけではないかと感心しました。

 かなり、参考にさせていただいた攻略サイトです。
 (攻略サイトか本がないとかなり厳しいです)
 大航海時代IV 攻略

大航海時代IV ROTA NOVA ガイドブック
大航海時代IV ROTA NOVA ガイドブック
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。