ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
徳川家康(16) AP0405 【読書】【書評】
徳川家康(16) (山岡荘八歴史文庫)
山岡 荘八

徳川家康(16) (山岡荘八歴史文庫)

 『徳川家康(16)』

 虎の威を借る狐でしかなかった、石田三成。

 秀吉の朝鮮出兵、秀頼への政権移譲を醒めた目で
 距離を置いてきた家康。

 全ては秀吉の過失。
 朝鮮出兵失敗という大きな失政で
 自らの大出世を最後を汚し、
 我が子大事で次代を担う組織を作り得なかったのは、
 全ては秀吉の過失であり、そうさせてしまった
 三成の誤算でもある。

 信長、秀吉の失策を側で見て、天下泰平への
 道に必要なものは何かと考えていく家康。

 下克上のこの時代、恩顧だけではまとまらない。
 自らの野心をのみ信じてきた武将達をまとめるには、
 どんな政治体制が必要となるのか。

 三成の思考、家康の思考。
 何をしてきたのか、今の立場、
 未来に何を見るのか。
 
 同じ日本の天下を考えながら、両者の間には決定的な
 違いが浮き彫りになっていく。
 
 朝鮮出兵時の最大の誤算は、敵の水軍の将であった、
 李舜臣の存在だろう。
 亀甲船を開発し、本土からの物資や派兵船を苦しめた。
 島国である日本は、陸軍として当時世界最強だったかも
 しれないが、海上戦で、大陸に負けたのは皮肉である。

 朝鮮国は、明の助力を得たのかも知れず、
 明の鄭和の流れを組む、海運技術に日本は負けたとも
 いえるかもしれない。

 朝鮮国から冷遇された李舜臣であっただけに、
 彼一人の存在が、日本の大陸への侵略を阻止し、
 豊臣家の滅亡を呼び込み、徳川家の鎖国へと繋がっていく
 かと思うと、歴史の醍醐味を感じざるをえない。

 世界は大航海時代に突入し、アメリカ大陸の発見、
 航海で世界一周を実現する者が出ている。
 
 日本をまとめた家康ではあっても、世界の動きを
 見落としたのだろうか。

 



徳川家康(17) (山岡荘八歴史文庫) 徳川家康(15) (山岡荘八歴史文庫) 徳川家康(18) (山岡荘八歴史文庫) 徳川家康(19) (山岡荘八歴史文庫) 徳川家康(20) (山岡荘八歴史文庫)
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。