ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死を現実のものとす AP0403
ブッダが考えたこと―これが最初の仏教だ
ブッダが考えたこと―これが最初の仏教だ

『ブッダが考えたこと』

 人生に迷い、たちどまり、自分の居場所を見出せないとき、
 我々は宗教に立ち戻って、考えることがある。

 幾多の宗教があり、それぞれの教典、考え方があるなか、
 仏教とはどういうものかと聞かれて、答えられる人は
 少ないかもしれない。

 本書は、仏教を起したゴーダマ・ブッタの言葉を辿りながら、
 仏教の真実にたちいった一冊である。

 ブッタは、欲を捨て、情を捨て、人であることを超越することで、
 仏教という考え、哲学を生み出した。

 人は生きている以上、なんらかの欲が必要だ。
 だが、ブッタはそれを捨てた。
 欲のないもの、それは死と同等である。
 彼は、人を超えるために現世に死をもたらしたといえる。
 
 仏教とは、根源的には死を理解するためのものかもしれない。

 生きるために必要とするものではない以上、仏教には
 反面教師として存在するか、先祖の霊を敬うための存在と
 なるかもしれない。

 だが、多くの寺には、守護する仏や仏像が存在し、
 日々生活する我々に力を与えようともする。
 そういったものは、ブッタ以降の者達が付け足した
 ものかもしれない。

 欲の中に足掻き、苦しみながら物事の価値や本質を疑うとき、
 ここに立ち戻るのだろう。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。