ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝からすっきり! 正しい睡眠時間は何時間? AP0400
あなたの脳が9割変わる! 超「朝活」法―脳科学の最高権威がはじめて明かす
あなたの脳が9割変わる! 超「朝活」法―脳科学の最高権威がはじめて明かす

『あなたの脳が9割変わる!
   超「朝活」法―脳科学の最高権威がはじめて明かす』

 朝になかなか起きられない、睡眠時間が足りない、疲れが
 なかなか取れない、悪循環とわかっていても、前の日
 飲みすぎたり。

 いろんなサプリや栄養ドリンクでごまかしつつ、毎日の
 生活を乗り切れるのは若いうち。
 30歳も超えると、体をごまかすことが難しくなる。

 根本的なところから、考え直すという意味で本書を
 ご紹介。

 本書の著者は、久保田競氏、京都大学名誉教授で脳科学の
 第一人者である。1932年生まれの79歳。
 奥さんは、最近よくテレビでみかける「カヨ子おばあちゃん」
 こと、久保田カヨ子さん。

 脳への影響を科学的に検証したり、科学的な統計から
 何が体にいいのか悪いのか、を教えてくれる一冊。

 脳科学的には、快感を感じることができるかどうかが、
 継続の第一歩となる。朝起きが気持ち良いと認識できれば、
 継続するし、そうでなければ、続かない。

 ダイエットや禁煙もやめることで良くなる事が実感できれば、
 続けられるわけだ。

 朝をすっきり起きるためには、日中の運動と、日光をしっかり浴びる
 ことが大切である、体内時計は25時間で回っているので、
 リセットしておかないと晩が遅くなり、朝起きも遅くなっていく。

 著者は正しい睡眠時間を6時間半に設定している。
 根拠は、統計的に、心筋梗塞、狭心症、脳卒中、肥満のリスクが
 少なくなって、死亡率が低下するからである。
 
 日々の睡眠を削って人生を満喫しているつもりでも、長期で
 寿命を削っているわけである。


 組み合わせで読みたい一冊

 呼吸入門

 枕革命

 脳と気持ちの整理術

関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

狭心症や不整脈などの心疾患で悩んでいませんか?
辛くて苦しい治療を続けなくても、狭心症や不整脈の症状は自分の力で改善することができるのです。 続きを読む
【狭心症・不整脈】解消プログラム | 2011/09/19(月) 07:50
Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。