ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欧州迷走 AP0382
欧州迷走
欧州迷走

『欧州迷走』

 著者の白井さゆりさんは、慶応大学、コロンビア大学卒、
 IMFエコノミストを経て慶応大学政策学部教授。

 ワールドビジネスサテライト、朝の方で紹介されて
 いたので、ようやく読了。

 PIIGSの財政状況悪化に伴うEU崩壊のシナリオが
 巷ではささやかれているが、実際にはどうなのかという
 一冊である。
 
 著者がIMFという硬い職場出身ということもあって、
 詳細のデータを分析さているので、信頼感がある。

 サブプライムの真相から、各国の経済状況、危険性などが
 検討されている。

 サブプライム以前は、世界的に経済環境が好調で、
 EUなどは鉄壁な印象だったものが、今ではこの国も
 あの国も怪しいという状況に変わってしまった。

 バブル崩壊の危険性は中国も同様だし、ロシアは
 北方四島で気勢を上げているが、ロシアも人口減が
 進行していて、日本以上に衰退期に突入している。

 中東もきな臭いし、すごい時代になったものである。

 EUにおいては、ECB、ヨーロッパ中央銀行が統制している
 が、各国が一つの政府によって運営されているわけでなく、
 最小公倍数というか、最低限のことしか、統制がとれていない
 のかもしれない。

 ドイツ、フランスが、EU圏内の不安材料からユーロ安の
 恩恵を得ているだけの組織なのかもしれない。

 いくつもの国のいろいろな経済状況を比較できる良書。



関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。