ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特務艦「宗谷」の昭和史 AP0380 【読書】【書評】
特務艦「宗谷」の昭和史
特務艦「宗谷」の昭和史

 『特務艦「宗谷」の昭和史』

 長生きする猫は、化け猫になるというが、
 この「宗谷」という船も、物という存在を超えて
 霊的な存在感をかもし出している。

 ソビエト連邦に発注されながらも引き渡されず、
 帝国海軍艦艇として、潜水艦を撃沈し、その後
 南極まで船出し、70年の時を経て、今は
 お台場に停泊している。

 宗谷の生き様を日本の昭和時代と重ねて
 しまうのは、必然といえば必然かもしれない。

 幕末から明治、日清、日露戦争を経て太平洋戦争、
 高度経済成長の昭和までが、
 海の持つ荒々しさの中に飛び込んでいく船乗りの勇気と
 日の丸を思わせる宗谷の赤い船体が、
 ラップするようである。

 器用貧乏で、かっこ悪くて、泥臭くて、地味で、のっそり
 している。
 大和なんかよりも、日本らしい船ではないかと思う。

 

 
 
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。