ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シークレット・サービス AP0368 【読書】【書評】
シークレット・サービス
シークレット・サービスロナルド ケスラー 吉本 晋一郎

並木書房 2010-07-27
売り上げランキング : 280031


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『シークレット・サービス』

 本書は大統領警護の舞台裏を描いた、赤裸々な一冊である。
 著者は、ワイントンポスト、ウォールストリートジャーナル
 の記者である。

 シークレットサービスはその職務を遂行するために、
 命を、体を張って大統領を守ることを誓約する。
 文字通り、暗殺者と大統領の間に体を割り込ませて、
 銃弾を防ぐことを求められるわけだ。

 にもかかわらずである。

 大統領の私生活は、そんなに、品行方正とは言いがたい。
 やれ、女を連れ込んだとか、立ちションしたとか、
 口も利かなかったとか、態度が横柄だとかである。

 大統領の重責を考えれば、それも致し方ない。でもね~という
 気にもなる。

 そういう意味で、私のように歴代大統領の活躍、功績も知らずに
 よんではいけない、一冊である。
 大統領が、たんなる暴君にしか思えなくなってしまう、
 恐ろしい一冊なのだ。

 現役大統領、オバマ氏も登場するが、赤裸々な話はない。
 その雄弁な演説とは対照的に余り良いうわさを聞かないので、
 現在進行形で、面白い話があるのだと思うが、いつか暴露されないかと、
 今から楽しみである。
 
 物語は、そういった裏話もありながら、要人警護の難しさ、
 これだけの組織を要しても防ぎきれない犯行もあるらしく、
 スリリングな日々がつづくようだ。



関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。