ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
臓器は若返る AP0365 【読書】【書評】
臓器は若返る メタボリックドミノの真実 (朝日新書)
臓器は若返る メタボリックドミノの真実 (朝日新書)伊藤 裕

朝日新聞出版 2010-08-10
売り上げランキング : 4263

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




 『 臓器は若返る 』

 著者は、慶応大学医学部腎臓内分泌代謝内科教授である。
 
 本書の帯には、ベストセラー「生物と無生物のあいだ」の著者、
 青山学院大学教授の福岡伸一さんが絶賛しているとあり、期待が高まる。

 副題にもあるとおり、メタボリック、つまり内臓脂肪型肥満が
 重い病気の連鎖の始まりになるという、ショッキングなストーリーである。

 肥満というと現代では身近なもので、30歳も過ぎると
 多かれ少なかれ、おなかも出てきて、誰しも実感するものだと思う。

 その肥満が、最初の引き金になって、ドミノ倒しのように、色々な
 病気を引き起こす。そのメカニズムが、本書でまざまざと見せ付けられた
 わけだ。

 いろいろな病気とは、糖尿病、動脈硬化であり、さらには、
 心不全、認知症、脳卒中、失明などなど、想像するにそら恐ろしい。
 
 大抵の人は、上記の重篤な病気になってから治療を始めるのだが、
 それでは遅い、のである。著者は遅いとはいってないか。
 肥満と重篤な病気にいたる連鎖的な関係から考えると、もっと根源的な、
 生活習慣の改善が必要ということに、行き着くのである。

 肥満が簡単に始まるように、生活習慣を変えることはさほど、
 難しいことではない。
 カロリー制限と、運動という、ごく簡単なことが指摘されている。

 どの程度カロリー制限するか、どのくらい運動するか、については、
 本書を読んでいただくとして、重篤な病気がどのくらい恐ろしいかを
 想像しながら、健康なうちに、準備しておくことが肝要なんだと、
 肝に銘じたわけである。

 かつて、ミトコンドリアってなんの機能があるのか、不明と
 習ったように記憶するが、こんなすごいものだったとは、という
 おどろきも追記しておきたい。
 



体が若くなる技術 ミトコンドリアのちから (新潮文庫) ミトコンドリア不老術 なぜ人は砂漠で溺死するのか? (メディアファクトリー新書) 老化はなぜ進むのか (ブルーバックス)

関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。