ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子どもは錯覚で伸ばす AP0356 【読書】【書評】
子どもは錯覚で伸ばす
子どもは錯覚で伸ばす今村 暁

ベストセラーズ 2009-02-14
売り上げランキング : 344818


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『子どもは錯覚で伸ばす』

 著者は、北海道大学を卒業後、銀行で務めた後、現在は
 塾長?である。

 本書の特長は、自発的に子供の成長を促すことであり、
 最近は廃れた強制的な指導、脅迫とか、飴で釣るみたいな
 教育方法とは真逆の教育方法にある。

 対象年齢は比較的低い、小学生から中学生くらいかと
 思うが、この時期の子供達にとって、親の影響は非常に
 大切であり、今後の将来を決めてしまうだろう。
 
 それだけに、自発的に、成長できるよう、フォローアップは
 かかせないのだ。

 しかしながら、この時期の親は、自分の仕事も子供の世話も
 場合によっては親の世話のしなければならず、超多忙であり、
 何かにつけては、怒ってしまうのも致し方ないことだと思う。
 
 それだけに、ポイントを付いた本書の助言が効果的である。

 表題の「錯覚」というのは、本書のイメージとは相容れない。
 結構ストレートであったように思う。

 まあ、部下の育成とか、ビジネスで使うには、一工夫必要かと
 思ったが、人は年をとっても子供のようでもあり、この本で
 使えるメソッドは、大いに活用できるかもしれないなあ。



関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。