ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボビー・ジョーンズ ゴルフの神髄 AP0352 【読書】【書評】
ボビー・ジョーンズ ゴルフの神髄
ボビー・ジョーンズ ゴルフの神髄ボビー ジョーンズ シドニー マシュー

阪急コミュニケーションズ 1998-04
売り上げランキング : 184479


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『ボビー・ジョーンズ ゴルフの神髄』

 私はゴルフをしない。

 しないながらもゴルフから学ぶことは多くあると
 思う。ゴルフは身体的なパフォーマンスよりもメンタル
 的な要素が強いために、ビジネスの参考として
 応用が可能だと思う。

 ボビージョーンズは、終生アマチュアとしてゴルフ競技に
 参加しながら、4大大会を制覇し、マスターズトーナメントを
 創設、オーガスタのコース設計にも携わった、
 最初にゴルフ殿堂入りを果たした人物として有名。

 ゴルフに求められるものは、徹底した自己責任であり、
 他に責任を押し付けるようでは成長など程遠いのである。

 「集中力とは、ゲームに関係のないことをすべて排除する
  だけにとどまらず、プレーヤーが学んで知ったことの
  すべてをゲームに注入することをも意味している」

 「精神的な緊張、つまり、精神が研ぎ澄まされたような
  状態というものは、体がリラックスしている限り、
  何の害もないのである」

 コースが悪かっただの、キャディが悪かっただの、
 そんな言葉は一つもない、全て自分の心と体のセッティングの
 変更によって解決されるべき問題として、記述されている
 のが潔い。

 球聖と呼ばれた人物が、どれだけゴルフに集中したか、
 ということがわかる一冊。

 本職が弁護士ということもあり、何をどう考え、どう対処した
 のかということが、理路整然とした言葉でつづられている。

 面白かったのが、打ち急ぐプレーヤーが多いという記述。
 止まっているボールを打つのに、急ぐとか、タイミングとか、
 関係ないじゃんと思っていたが、ヘタなプレーヤーのスイングを
 見ていると、ああ、このことね、というのを思い出せた。
 (正月になるとこの手の芸能人がテレビに出ていた)

 見事なスイングというものは、最終的に美しさを伴うんだなという、
 感動があった。

 こういうゴルフならやってみたいのだが、始めるととことん
 となるので、まあ、しばらくはゴルフはしないと思う。
 (自己鍛錬にならない、接待ゴルフなんてしたくないのだ)



関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。