ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
度胸をつける心理学 AP0330 【読書】【書評】
度胸をつける心理学 (ムックの本)度胸をつける心理学 (ムックの本)
渋谷 昌三

ロングセラーズ 2000-05-01
売り上げランキング : 445279

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『度胸をつける心理学』

 著者は山梨大学医学部教授。

 自信がない、迷いがある、自分をコントロールする、
 熱意が持てない、ストレス耐性をいった観点から
 心理学を通して、自己を高めるための一冊。

 「高すぎる目標や計画を自らに課す傾向は、
 心理学でいう”原因帰属”というメカニズムに
 関係がある。失敗したときに、「原因は自分の
 能力のなさにあるのではなく、目標が高すぎた
 のだ」と”言い訳”がしやすくなる」

 この言葉は、私にはぴったり当てはまった。
 高い目標を早々に想定して、早い段階から努力しない。 
 といったことが何回も、何年も繰り返されてきた。

 その日の目標みたいな低い目標は、結構確実に
 クリアできる実力はあるのに。
 
 もっと目標をどんどん下げて、実現可能レベルに
 ちょっと上乗せしてみるくらいの気楽さが
 必要だったかと、思いいたたった。

 昨今の自己啓発は、目標は高ければ高いほうが
 よい、多い方がよいということがあったかと思うが、
 そうではなくて、実現可能な領域とその少し上くらいの
 目標に修正するということが大切というのは新鮮だった。

 年とともに改善させていくこと、自分と折り合いを
 付けていくことはできるが、もっと若い時代に
 出来たほうが良いかもしれない。

 
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。