ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
失敗の本質 AP0327 【読書】【書評】
失敗の本質―日本軍の組織論的研究失敗の本質―日本軍の組織論的研究
戸部 良一 寺本 義也 鎌田 伸一 杉之尾 孝生 村井 友秀 野中 郁次郎

ダイヤモンド社 1984-05
売り上げランキング : 41083
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『失敗の本質』

 第二次世界大戦、大東亜戦争、太平洋戦争における、
 日本軍の敗戦の分析である。

 小生は、長らく近代日本を勉強してこなかった理系人間なので、
 これを機に学んでいこう。

 さて、まず、こんなにも大事な局面で、かくも
 大敗したものかと、残念であり、ひどく悲しくもある。
 そして、インドの果てで戦っていたりもしたのだから、
 その行動範囲の広さに驚きであり、先人の労に畏敬の念を
 感じるのだ。

 日本軍の敗戦理由を端的に言うなら、
 情報、諜報、索敵、兵站の軽視であり、
 感情に流された戦略策定であり、
 ゼロ戦のような一点豪華主義ともいえる
 戦術であったといえる。

 日本軍は、一気に硬直化し、議論できない組織となり、
 戦い方としても選択肢がない組織と変貌していく。

 平時に分析する我々がこうも簡単に論破したからと
 いって、次回の戦いで回避できるかどうかは別問題で
 ある。

 この反省を活かす、活かさねばならない時は
 くるのだろうか。



関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。