ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユーラシア胎動 AP0314 【読書】【書評】
ユーラシア胎動――ロシア・中国・中央アジア (岩波新書)ユーラシア胎動――ロシア・中国・中央アジア (岩波新書)
堀江 則雄

岩波書店 2010-05-21
売り上げランキング : 283139
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 『ユーラシア胎動』

 中国、ロシア、中央アジア4カ国が、領土問題を一気に
 解決しながら経済活動を活発化させているという話では
 あるが、著者の主張には少しムリがあるように思う。

 世界的に見て、沿岸地域以外で発展することは
 困難だと思われるためだ。

 コンテナを船で運ぶ物量は、大地をトラックで搬送する
 事に比べて圧倒的な量になり、比較にない。
 
 ロシア、中国が期待しているのは、途中のパイプラインの
 安全保障であったり、鉱山の権益ではないだろうか。
 
 多少の経済繁栄を約束し、地域が安定すれば、他に軍隊を
 まわせますし。

 その程度では?



関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。