ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
創世の島 AP0312 【読書】【書評】
創世の島創世の島
バーナード ベケット Bernard Beckett

早川書房 2010-06
売り上げランキング : 39750
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『創世の島』

 SFに分類されていますが、そんなに宇宙宇宙してないし、
 機械機械もしていない。

 生命の進化はこの先、次のステージにいくかどうかという
 話。ラストで真相が一気に明かされるわけだが、可能性の
 一つには落ち着いたかなと。

 想定の範囲内ですな、ニヤリ。

 世界戦争後の世界で、世界と隔離した島に、外界から少女が
 一人漂流し、その人を助けた男が島の英雄?として語り継がれる
 状況下で、後の時代の少女が、試験を受ける。

 その男をどう思うかというテスト。

 一つ気になるのは、漂流した女性ってどうなったんですかね。
 わかりませんでした。

 いずれにせよ、これは、人間そのものを問い直すきっかけになると
 思います。

 秋の夜長にはもってこいな一冊でしたね。




 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2010/11/11(木) 21:38 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。