ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミッドウェイの刺客 雷撃深度一九・五 AP0310-11 【読書】【書評】
ミッドウェイの刺客 (文春文庫)ミッドウェイの刺客 (文春文庫)
池上 司

文藝春秋 2007-07
売り上げランキング : 102523
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


雷撃深度一九・五 (文春文庫)雷撃深度一九・五 (文春文庫)
池上 司

文藝春秋 2001-01
売り上げランキング : 116628
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『ミッドウェイの刺客』
『雷撃深度一九・五』

 太平洋戦争の潜水艦の物語です。
 事実に基づいた、フィクションかと。

 『雷撃深度一九・五』は、「真夏のオリオン」として
 映画化されました。

 日本の潜水艦に撃沈されたとする米国戦艦、空母ヨークタウン
 と、重巡洋艦インディアナポリスは実際に沈んでいる。

 では、日本の潜水艦に乗船している登場人物はというと
 定かではない書き方をしている。
 船内のやり取りも必ずしもその通りということはない。
 しかし、まるで、船内で息を潜めながら戦っているような、
 実際いるような気分にさせるだけのリアリティが
 あるからすごい。

 戦争には敗北したが、局地戦で全敗したわけではない、
 1対1では決して負けていなかったのだ。

 物量の差と硬直化した指揮系統に問題があったと再認識。

 結局は敗戦でしょ、と簡単に片付けられない、
 日本の戦いが、ここにあるのである。

 

関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。