ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インパラの朝 AP0301【読書】【書評】
インパラの朝 ユーラシア・アフリカ大陸684日インパラの朝 ユーラシア・アフリカ大陸684日
中村 安希

集英社 2009-11-13
売り上げランキング : 7268
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『インパラの朝』

 海外を志す人は、少なからず、彼女のように世界を
 放浪したいと思うことが多いのだろうか。

 私は、彼女のように大くくりで移動するといったものでの
 旅の経験はない。
 何時に車で移動、予約した宿に泊まり、何日後に帰宅。

 そんな旅行とはまったく正反対だ。

 トイレも風呂も完備されていない世界に、
 そもそも、何しにいったんだ? という気さえする。

 途上国を見て、救いたいという、上からの目線での
 押し付けに、思い至るわけでもない。

 かといって、世界は美しいというわけでもない。
 観光というわけでもない、本書は決して写真集では
 ないのだから。

 世界の端っこを歩いてきた彼女とっても、
 日本が住みやすいのである。
 
 苦労に苦労を重ねて、汚れる限り汚れまくり、
 人の、命の、根っこに辿り着く、ただただ、
 文明という衣類を脱ぎ捨て、素っ裸になれた旅。

 良いか悪いか、必要かそうでないか、なんて話ではないのだ。

 彼女の顔写真は、その若さにして、突き抜けたものを感じる。
 大人の色気も感じる。
 そして、本書にも引き付けられ、読み進める日々が
 私にもあったのは、確かだ。

 彼女のこの旅のおかげで、日本って幸せだね、
 自分って幸せなんだってことにいたる、
 そういう、安直な本ではない、一冊だろう。
 
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。