ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手鎖心中 AP0296【読書】【書評】
手鎖心中 (文春文庫)手鎖心中 (文春文庫)
井上 ひさし

文藝春秋 2009-05-08
売り上げランキング : 16757
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『手鎖心中』

 江戸情緒が漂うコメディ?だと思う。
 歌舞伎の題材?になっているかと思う。
 解説に中村勘三郎氏寄稿している。

 すごいと思ったのはそのディテールだと思う。
 江戸の世情? 風景がありありと眼に浮かび、
 物語に引き込まれていく。
 これだけの言葉がポンポンと出てくると、絶対
 まねなんかできない! と思ってしまう、これぞ、
 文字を書いてメシを食ってる人のすごさよ。
 と感じ入ってしまった。

 インターネットもない時代にこれだけの人名、地名、貨幣価値、
 人々の生活の状況をこと細かく伝えるということは、いったい
 どれだけの下準備が必要だったのか。

 机の前に座って文章を書く地獄とはこのことなのだろう。

 ハリウッド映画のような派手さではない、微にいり細をうがつ、
 見事な細工、和の美しさを垣間見た一冊である。


 お勧め度 ★★★★☆



関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。