ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
徳川家康(5) AP0288 【読書】【書評】
徳川家康(5) (山岡荘八歴史文庫)徳川家康(5) (山岡荘八歴史文庫)
山岡 荘八

講談社 1987-11-02
売り上げランキング : 84307
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 『徳川家康(5)』

 徳川+織田軍対、武田信玄の三方ヶ原の合戦である。
 ものの見事にケチョンケチョンにされた家康軍。
 敗走して、浜松城になんとか帰り着くも、なすすべなく、
 空城の計、かがり火を焚いて敵の迫るのに、
 城の門を開け放つという奇計を打つ。

 することがもはやないとした家康は、高いびきで眠りに
 付く。

 有名なしかみ像が表紙となった5巻だが、この時の
 浜松城で描かせたものと言われている。
 この時、32歳とは到底思えない。
 既に子供もいてその子も結婚しており、いよいよ孫の話も
 出てくるという時間の流れ。

 今川義元の娘であり家康の妻である築山の謀反が
 着々と進む中、圧倒的な力を付けた信長の盟友として
 東に西に走り回る家康。

 血気盛んなイノノシ武者から、知略に長けた戦略家に
 変貌を遂げる瞬間の家康である。

 お勧め度 ★★★★☆
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。