ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その科学が成功を決める AP0279 【読書】【書評】
その科学が成功を決めるその科学が成功を決める
リチャード・ワイズマン 木村 博江

文藝春秋 2010-01-26
売り上げランキング : 3706
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『その科学が成功を決める』

 自己啓発でもっともらしく言われていることが
 本当に正しいことなのか、科学的に検証したものを
 あつめた一冊。

 マイナス思考を考えないようにすると、益々マイナス思考に
 とらわれる、試験で良い点数を取る自分をイメージした人ほど
 結果がよくなかった、ダイエット商品を使う人は、むしろ太る、
 などである。

 科学的にはもっとこうした方がいいですよというのもあるので、
 新たな希望もあったりして。

 誰かに借りを作っておくと、その人から助けともらえるという、
 フランクリン効果。一見、逆じゃないのかと思うがそうじゃないようだ。

 人は何かをしてもらった人を好きになるのではなく、何かを
 してあげた人を好きになる。という効果なのだけれど、
 サッカーファンなどを見ていると、うなづける。
 応援をしてあげればしてあげるほど、チームのことを好きになっている
 ファン心理ということに繋がっているようだ。

 今年も新卒採用を実施してきたが、採用の決め手は好感度という
 のをこの本を読んで知っていたので、だいぶ注意していたが、
 やっぱり、好感度の高かった学生を採用することになった。
 
 学生の能力で選ばずに、好感度である。笑顔や目を合わせる、会社
 をほめた人を選ぶのである。
 座席は真ん中の方が良いというのも、そうかもしれない。

 そういった小さいかも知れないが、効果的な技術がたくさんある。

 何度も読み直して生き方を修正した方がいいのだろう。

 お勧め度 ★★★★★

関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。