ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストラディヴァリウス AP0270 【読書】【書評】
ストラディヴァリウス―5挺のヴァイオリンと1挺のチェロと天才の物語ストラディヴァリウス―5挺のヴァイオリンと1挺のチェロと天才の物語
Toby Faber

白揚社 2008-10
売り上げランキング : 361863
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『ストラディヴァリウス』

 17世紀に活躍したヴァイオリン製作の雄、ストラディヴァリウス
 の半生と、彼が生み出した5挺のヴァイオリンと1挺のチェロの
 物語である。

 ヴァイオリン製作者にとっての最高峰であり、知らぬ者のいない
 名器の代名詞たるストラディヴァリウスであるが、その楽器の
 数百年に及ぶ運命たるや思いのほか数奇である。

 幾多の人の手に渡りながら、メシア、ダヴィドフなどの名前を持つ
 ようになる名器たち。

 時代時代の有名な演奏者に使われていたという歴史もある反面、
 時に持ち主が死んで腐敗して発見されたとき、その持ち主が抱いて
 いたりするなど呪われてやしないかと心配になることもある。
 
 高価になり、有名となったストラディヴァリウスは、多数の贋作をも
 生み出している。もはや専門家でなければ判断することすらできない
 のだという。

 そんなことの積み重ねがストラディヴァリウスの名を高め、
 時に名前が一人歩きすることもある。

 現存するストラディヴァリウスにあっても、音の悪いものほど、
 無傷で残っているのではないのかという疑問、数百年経った
 楽器が当初と同じ音色を維持しているのかという疑問。

 誰もこの名器を否定することなど出来ないのである。
 
 ストラディヴァリウス

 そのヴァイオリンの響きに深みを与える一冊。

 本書の装丁は素晴らしいと思う、落ち着きのある色、裏表紙の
 デザイン。持っているだけでも価値ありだ。



 お勧め度 ★★★★☆


関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。