ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト AP0227【読書・書評】
「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書)「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書)

光文社 2010-01-16
売り上げランキング : 30
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト』

 人材育成にすっごいまじめな一冊ですね。すごい好感が持てました。
 貴重な一冊だと思います。著者の他の本も読んでいきたいと思います。

 著者はかなりの読書家のようです。いたるところに
 引用が用いられていて、それでいて、よく咀嚼して自分のものに
 されていると思います。
 こんな使い方ができたらいいなあという、読書家として、
 憧れます。

 さて私もまもなく新入社員教育を行う予定があるので、
 一読できてよかったです。
 
 筆者もいうように、ほったらかしのOJTを多様しているので、
 笑いましたけども。

 学習への積極性、タイミング、学習者の明るさ、諦めない心、
 などを如何に育てていくか。
 教えすぎると育たなくなるという教育者が抱えるパラドックスへの挑戦
 の一冊でもあったように思います。

 「教育とは心に残る教師のことである」と最後のページに書いてはあるのですが、
 この一冊は心にのこるかしらと、嫌味な視点もあったりして。
 だってまじめすぎるんですから。
 
 もっと子供っぽい、無茶な話があれば、面白いというか、
 心に残るんですが。

 でも再読していきたい一冊ではありますが。

 お勧め度 ★★★★☆




関連記事
スポンサーサイト
コメント
こんにちは!
ご紹介いただいた本書の著者です。まずは本書のお買い上げ、ありがとうございました。また嬉しいコメント、ありがとうございます!

それにしても、まじめすぎますか(笑)。僕自身は、どちらかというと「もっとまじめにやれ!」と叱られてきたタイプなのですが、そうしたところは文章からは伝わらないみたいです(笑)。

今後とも、よろしくお願いします。
酒井穣[URL] 2010/03/31(水) 23:51 [編集]
こんな本があるんですね!
はじめまして。
僕は最近ブログを始めたのですが、
この4月からベンチャー企業で働こうと思っています。
まだ社員2人なのですが、人材育成というのにすごく興味があって、今後多くの社員と一緒に成長できる会社にしていきたいなと思っています。
今回たまたま月読さん(呼び方はこれでいいんでしょうか)の記事を発見して、とてもびっくりしました。
こんな本があるんですね!
これからもいい本を紹介してください。
>>こんにちは!
酒井穣さま

著者の方にコメントいただけて光栄です。
とってもすばらしい一冊だったので、正直に
良いといったまでのことでございます。

最近は結果主義が横行して、教育が見えないように
感じていたので、とても参考になりましたし、
何より、世の中を変えてやる、という情熱を感じました。

今後とも、良い本を!!
読書家の端くれとしてのお願いです。
 月読
月読[URL] 2010/04/01(木) 21:19 [編集]
Re: こんな本があるんですね!
■おすすめブック天国■ ocean2012さま

コメントありがとうございます。

人材育成は奥が深い分野だと思います。
人を育てるのはとても難しいことだと思います。

入社試験という短時間では将来性は見極めることはできません。
その後の教育で、人生、顔つき、態度、考え方、全てがどんどん
変わっていくからです。

今の延長線上に未来はない、というふうに諦めずに思えるのも、
良い教育者が世にいるからだと思えます。

 今後ともよろしくおねがいします。
月読[URL] 2010/04/01(木) 21:32 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。