ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート AP0172
2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート

かんき出版 2009-07-07
売り上げランキング : 3352
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『2000社の赤字会社を黒字にした社長ノート

 赤字会社という修羅場に、落下傘部隊として突入し、黒字にして退却するという、ターンアラウンドコンサルティングというもっとも困難な仕事を行ってこられた方の一冊。

 そんな修羅場を経験されてきたいうことなので、どんなすごい話をされるのかと思いきや、内容は比較的初歩中の初歩。基本に立ち返った内容に終始していたように感じる。

 特別難しい話は見当たらない。少しでも仕事をしたことがあれば、何かしら、思い当たることがあるはずだ。

 内容も戦略論はない。ごく新入社員でも当てはまる戦術論に終始している。

 だが、そこは歴戦の軍師の解説であり、なぜその簡単で基本的なことが、企業の全体に対する影響するのかという説明にはしびれる。俯瞰した視点から、末端社員の行動に目を光らせているからこそ出来る話である。
 末端にいる人間にとっては、必要な指示があってもどうして必要なのかがわからない。

 幾多の戦場を経験した老戦士の話だからこそ、腑に落ちることもあるのだ。

 過去の自分に読ませたい一冊。
 (私も労戦士の仲間入りか??)


≪≪今日のチェックポイント≫≫

「(華々しいファインプレーをする人ではなく・・・)本当のプロとは、エラーをしない人のことです」

「成功する人というのは必ず、自分の仕事のなかに面白みを発見する人だと感じるのです」

「実は再生を必要とする会社の多くは、就業規則が守られていません。出勤率が高いと社員のモラルも高く生産性が向上しますが、出勤率が低い部署はモラルが低く生産性が落ちています」

「おまえ、ありがたいの心を持っていないと辛くなる一方だよ」

「不運は天の思し召し! そんな割り切りが新たなチャンスを呼ぶ」

「同じ時間に10個の特長を並べるなら、そのうちの一つの特長にしぼってじっくり説明しなさい」


 お勧め度 ★★★★☆


関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。