ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長期投資家がニヤリとする7つのメガトレンド AP0167
長期投資家がニヤリとする7つのメガトレンド (角川SSC新書)長期投資家がニヤリとする7つのメガトレンド (角川SSC新書)

角川SSコミュニケーションズ 2009-07-10
売り上げランキング : 42207
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


長期投資家がニヤリとする7つのメガトレンド』

 ネット取引は、ごく普通の家庭にも短期取引をもたらした。短期取引で儲けた人もいたし、損をした人もいる。短期で取引する場合は、その場の感覚勝負というところがある。

 長期取引は、短期取引が起こす小さなさざなみを飲み込みながら、世界の大きな潮流を見極めて、じっくり勝負する。

 そういった意味で、それぞれの取引は、目的こそ同じでも、見つめている指標はことごとく異なっているのだろう。
 
 著者は、今後の世界は、「エネルギー」「食料」「環境」に重点を置いている。それが正しいのか、間違っているのかは時間が経てば答えが出ることだし、彼は預言者ではないから、絶対に当たるということは誰にもいえない。だからといって著者の意見に耳を傾ける必要がないということではない。

 これは、預言書ではなく、サイエンスフィクション、あるいは、ストックフィクションである。現状と人類の問題点をあわせ見た先にどんな未来があるのかと、自らのロジックをくみ上げて、辿りついた世界観である。
 そう、常用なのは結論ではなく、途中のロジックである。

 私を含めた読者が感じる違和感は、当然あることと思う。そこで読者がすべきことは、結果にダメだしをすることではなく、自分なりに未来を予測することだろう。
 予測に自信があれば、関連する株式を購入して株価が高騰するのを待てばよいのだ。

 例えば、目先はデフレが進行しているが、著者はインフレが起こると指摘している。どちらが正しいのかはわからないが、どちらに転んでもよいように、どう動くか準備しておいておくことは、とても重要だと思う。
 

≪≪今日のチェックポイント≫≫

「われわれ長期投資家は、よくある「中国脅威論」や「産業空洞化論」などの甘っちょろい考え方にはくみしない・・・そこでの合言葉は、「将来、足りなくなるものがビジネスチャンス」ということだ」


 お勧め度 ★★★★☆







関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。