ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イノベーションへの解 AP0145
イノベーションへの解 収益ある成長に向けて (Harvard business school press)イノベーションへの解 収益ある成長に向けて (Harvard business school press)

翔泳社 2003-12-13
売り上げランキング : 8803
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


イノベーションへの

 これは恐ろしい一冊だ。市場でトップクラスの人々にとってもこれから新規参入を企てる人々にとっても。

 本書で取り扱うのは、ある市場で支配的な強者を打ち負かす方法であり、どんな市場でも使うことができる戦略である。それゆえ新規参入を企て、先行する強者を打ち負かす者にとっては必読書であり、新規参入者を蹴散らさねばならない者にとっても必読書ということがいえるのだ。

 さて、単純に考えると先行する強者を打ち負かす方法は2つだ。
 ひとつは、未消費者をターゲットとすること。
 次は、ローエンドモデルで市場に参入する方法。

 未消費者とはその商品を使っていない人をターゲットにすること。これは強者は手を出しづらいところである。なぜなら、強者には、すでに得意先がおり、それらを無視することができないからだ。
 ローエンドモデルについても同様で強者は、得意先がよりよい商品を希望すると考えて、ローエンドに隙が生まれるからだ。
 これは前書、イノベーションジレンマでのテーマでもあるが、既存の企業はどんどん技術進歩してしまい、顧客の希望する水準を飛び越えてしまい、衰退するというジレンマである。

 この書は小生にとっては非常にありがたい。読書ブログは多数あり、すでに多くの強者がひしめき合っているからだ。目指すべきは、未消費者と、ローエンドモデルである。
 未消費者は日ごろ本を読まない人。ローエンドモデルは? ブログ事態すでにコストゼロで読めるんですが・・・。ここが思案のしどころか・・・。

 いずれにせよ、それに気づけただけでも、ばっちりである。

 お勧め度 ★★★★☆


関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。