ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己プロデュース力  AP0144
自己プロデュース力自己プロデュース力

ワニブックス 2009-09-01
売り上げランキング : 105
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


自己プロデュース力』


 これは、面白い。勝つための方程式という帯の通り、勝つことが主題となっている。

 自分の能力 X と、世の中の流れ Y を組合わせた X+Y の方程式。
 同じ事をやっても絶対勝てない、負け戦はしないという考え方。
 
 本当に賢いというのは、ひとつのことを掘り下げるということなのです。・・・野球選手なら誰でも知っている人を詳しく説明するのではなく、知っているかいないというラインの選手のことを詳しく説明すると、周りが勝手にあいつは野球に詳しいと思うんです。・・・全体を知らなくてもいい、細部を熱く語るというトリックです。・・・「賢いんちゃうかな」と思われたらそれでいいんです。

 どれもがははーん、なるほどなという説得力、納得させられた。
 手品師が種明かしをしてくれたような、裏ではそんなふうに動いていたのかという驚き、なぁんだ、そんなに単純だったのかという感覚がこみ上げてくる。
 それを巧妙に仕込んでいくところに著者のすごさがあるのだと思う。お笑いの世界やタレントの世界に、こんな手の込んだ手品の種を見事に仕込んだ初めての人、ただしくはそれを公に公表した初めての人なのだと思う。

 それだけでも本書は買いだと思う。

 M-1開催の裏の目的が、目の出ない漫才師にこれ以上この業界にしがみつくなと夢を諦めさせることだったというのは、如何にも著者らしい。確かにトップ5くらいしか目立たないし、毎年チャンピオンが出てくると、過去のチャンプですら、影の薄い者もいる。そんな厳しい世界の中で才能がないということがはっきりしているのに、甘い夢を見続けている人を、ささっと辞めてしまえといえる、厳しさと優しさが著者の、著者らしさだと思う。

 ダメなヤツにはとことん厳しい人だが、努力する者にはチャンスを与えてあげたいというのが、著者の意図だと思う。それは著者が人よりも何倍も努力し、努力するしんどさを誰よりも知っているからだろう。

 だが、やっぱり本書を読んでもトップに立てない人がほとんどだと思う。
 著者はそれすら知っている。だから本書は最後のチャンスなのだと思う、だからこそ、ウソはない。
 著者は夢に向かって全力に進んでいくことがすごく好きで、残念ながら結果に結びつかなかったことも大好きなのだ、きっと自分の若かりし日々を思い出して。

 嫌いなのは、全力でぶつからないヤツ。

 とはいえ、島田紳助氏はプロデュースの天才だと思う。幾多の才能のあるものを発掘し、業界を活性化させている。いまや実力のある若手漫才師、お笑いコンビは無数に存在し、過当競争ですらあるのだから。

 本書を読むことも、本を読むことも肯定的だが、もっと重要なことは、がむしゃらにがんばる、とことんがんばるということではないだろうか。

 そして、願わくば、全力でがんばる者に手を差し伸べる心優しき、先輩の存在ではないだろうか。

 本書は厳しい一冊だと思うが、自分の思い描く夢が本物だといえるならば、きっと結果に結びつく一冊だと断言したい。

 お勧め度 ★★★★☆

 
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。