ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プルキニェ現象 青い光 犯罪抑止力
 
 青い光を使った街灯が、町の犯罪抑止力があるという現象を
 ブルキニェ現象というのだそうだ。

 最近、電車の踏み切り付近にも青い光の電灯をつけている
 ところを見たが、これも自殺予防の心理的効果を
 狙ったものだという。

 統計的にも青色街灯が犯罪減少、自殺減少につながっていることが
 実証されている。

 最初はイギリスのグラスゴーで景観上の理由から青い街頭を使った
 のだが、結果犯罪が減少したことがわかったという。

 青い光に犯罪抑止力のある理由は、①心を落ち着ける心理的な効果がある。
 ②夜間には青い光が映えるため、犯罪者がその場所での犯罪を躊躇するため。
 だそうだが、結果として犯罪が減るのであれば、
 どしどし使うべきだろうと思う。

 このように、色だけでも犯罪を減らしたりするわけだから、
 逆に色だけでも犯罪を増やす可能性があるわけだ。

 犯罪者が一番悪いのだが、何かしら被害を受けた場合、
 被害者側にも挑発するような部分があったかも知れないと、
 いえないだろうか?

 女子高校生の短いスカートを見て思うのである。



 
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。