ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く AP0124
会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く (光文社新書)会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く (光文社新書)

光文社 2009-03-17
売り上げランキング : 17577
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く』

 続いて勝間和代氏の一冊。

「ITを使った全社的な知識管理や、リーダー層を積極的に生むためのトップダウン型の人材育成など、人材育成の社内システムづくりの方が終身雇用よりも重要」
「終身雇用制は現代の小作農、または奴隷制」

「通常、欧米を例に挙げると、企業が従業員に対してあまりにも非人道的な扱いをしていると、社員はすぐに辞めていきます。その辞めてしまうリスクをヘッジするため、企業側は社員に人間的な生活を営む権利を認め、従業員もその生活の充実をもって仕事を効率化し、活性化しようと考える、というのがワーク・ライフ・バランスの元々の発想です」

「日本人がなぜ老後に不幸かというと、仕事以外の人間関係が希薄なためだと考えられます」
「自殺率が高くて、さらに老人になればなるほど不幸なのか。・・・終身雇用を前提としているための働き過ぎ(が原因)」
「自分には仕事もある、社会貢献もしている、家族に対する貢献もある、自分の趣味もあるといった形でバランスよく管理していると、もし何かの原因で一箇所にリスクが生じた場合でも管理がしやすくなります」

「お上がなんとかしてくれるという発想を捨ててみてはどうか、という提案をしたい」
「私たちが一般的に間違えやすいのは、リスクは管理しないのに、リターンに関してのみ強く意識したり、管理したりする人が多いことです。社内でこのように出世したい、あるいはこれくらいの年収をいついつまでにほしいなど、リターンを目標にします。しかし、こういったリターンはどこから生まれるのかというと、リスクとの組み合わせからしか生まれないのです。したがって、リターン目標を設定する場合には、それと同時にどういうリスクを取らなければならないのか、戦略を決める必要があります」

終身雇用制の打破、ワークライフバランスの導入、リスクテイクとリターン、日本人のパラダイムシフトが本書のテーマ。

 最後の方は政策提案までくっついているので、まだまだ本書のようなページ数ではいい足りないというところではないかと思われます。

 最初の、終身雇用制を捨てていつでも社員を首に出来る環境が、実は、再雇用を自由にするので、ワークライフバランス=長時間労働の是正や福利厚生の充実が実現するというのは、理屈は通っているがにわかに信じがたいというか信じたくないというのが本音かな。
 今の日本の経営者にそんな心優しい結果を期待するのは、無理があるようにも感じるし。
 よほどに利益が出ている会社で、お金が腐るほどあるような会社なら問題ないとは思います。

 今の日本ではどれほど優秀な人材であっても、なかなか転職できないのは間違いないと思う。他社にいっても実力より、社歴や年齢が優先される。まず最初は優秀なほどたたかれたりして。
 でもこれってたたくのは自分だったりする。自分だったらたたくだろうなと思うところがあるから、他所にいけないわけですね。

 しかし、これこそが今の日本の衰退原因のひとつなのだろう。変わろうとする若い力は、大勢多数の老人たちに押しつぶされていく。変わらずにそのままの方が権力に近くなりえるのだから、短期的にはね。

 もうすぐ選挙なのだから、若い人も選挙にいかないと、どんどん損をしているんだろうな。しかし、結局のところ、若い人の力を活かせないと、日本という船を沈めることになって、老人自らも損をしているだと思う。

 終身雇用ではない世界。転職が自由というのはとても魅力的だし、ワークライフバランスが重視される社会。長期休暇もとり放題。 なんてすばらしい響き!!!

 老若男女、日本中が保守的で、農耕民族だが、リスクテイクをしっかり理解し、変化を自ら起こしていく。でないと沈没は免れない。

 本当に日本経済が破綻して、いよいよとなったら、神風が吹いて、さらには日本人の本当の力=火事場のクソ力とか、窮鼠猫を噛む的な土壇場力に期待するのもいいが、自らの意思で転換してもいいのではないだろうか。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。