ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「知の衰退」からいかに脱出するか? AP0117
「知の衰退」からいかに脱出するか?「知の衰退」からいかに脱出するか?
大前研一

光文社 2009-01-23
売り上げランキング : 3718
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【「知の衰退」からいかに脱出するか?】


「日本人はいつの間にかなぜだろう?と疑問を発して、問題の本質に迫ろうとしなくなった」
「ピンチこそチャンスと危機を脱出するのは気がついたあなただ。たとえ一人でも、行動を起こすしかない。誰も率先して行動しない現代の日本社会において、その作業はあなただけのユニークなものになるはずだ。人と違うことを恐れてはいけない。むしろ、横並び意識を捨てなければ生き残れないと肝に銘ずべきだ」
「日本人は考えない。考えようとしなくなり、すべてを丸投げする傾向が強くなった。・・・アングロサクソンの遺伝子にはリスクテイキングな思想がある」
「次の段階---それは人々が学び、情報武装して賢明な市民となり、マスメディアのバイアスから開放されること。また、政治家や官僚のウソを見抜き、一人の独立した個人としてすべての物事を判断し、その結果として健康で文化的な生活を手に入れることだ」
「日本人が必要としているのはどのような人材か・・・答えがない世界で果敢にチャレンジして生き残れる人材」
「日本人はこれからそもそも何でメシを食っていくか? ということを、国民全体で考えなければならない」


 大前研一節炸裂!! 完全に日本人をバカ 呼ばわりである。 だが、これは感謝すべきことである。まだ叱ってくれる大人がいたということだ。本書の中には、日本人はダメだという主張はあっても諦観、諦めはない。絶対日本人で勝ってやる!! という闘志で満ちている。

 しっかり、ケツを蹴り上げてもらって、今一度前に進もうと思うなら、一読すべし。
 だけれども、相当きつく蹴られますが(泣)。

 誰にも未来を予測は出来ない。トライ アンド エラー。 未来を予想し、行動し、はまれば、大成功、失敗しても生き残れ、這い上がれ。戦わないものに、結果は伴わないということですね。 


 考え方は教えてくれますが、この一冊にある結論が正解でもない。鵜呑みはいけませんよ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。