ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奇跡のリンゴ AP0116
奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
石川 拓治

幻冬舎 2008-07
売り上げランキング : 236
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【奇跡のリンゴ】

私も今年になって、みかん栽培をすることとなり、この一冊を手に取った。やるからには世界一うまいみかんを作らねばなるまいと思えばこそである。

 さあ、一読して、相当量の冷や汗が出た。通常の農業が如何に大変か、さらに奇跡のリンゴを生み出した過程のすさまじさ。
 単なる読み物としては、最後にうまいリンゴが出来ました、めでたしめでたしなのだが、実際に農業をする身におかれると、到底そんなことは思えない。私などは普通のみかんが出来れば十分ですと、ひれ伏すのが正しい作法かと。それほど とてつもない 農業なのである、この木村秋則の農業は。

 実際問題、私のみかん山管理においては農薬を多量に散布しているし、すでに虫との闘いに敗れて何本か気を枯れさせている。
 一雨ごとにうっそうと生い茂る雑草を取っていくのも半端がないほど重労働だし、広さなどは著者の農園に比べて月とすっぽん。専業ではないとはいえ、とても太刀打ちできそうにないのである。


 されど、されどである。一読した以上は私の中にもイメージはできた。毎年みかん作りを続けるうちに少しでも近づきたいという遠大な野心も、頭の片隅でうずくのである(少しだけですが)。

 農業をする予定のない人には良い成功自己啓発本、農業にかかわる人が読むと落胆する一冊。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。