ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の10大新宗教 AP0102
日本の10大新宗教 (幻冬舎新書)日本の10大新宗教 (幻冬舎新書)
島田 裕巳

幻冬舎 2007-11
売り上げランキング : 6491
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 【日本の10大新宗教】

 「キリスト教系を除けば、神道とも関係がなく、仏教とも関係がないような新宗教は存在しない」
 「教団の規模、現在、あるいは過去における教団の社会的な影響力、さらには、時代を考慮して、十の教団を選ぶことにした」
 「ここに選んだ十の教団が、すぐれた新宗教というわけではないし、正しい宗教というわけでもない」
 「○○○は、決して危機にあるわけではない。むしろ、これからも発展していく可能性がある。そのスタイルが、現代的である。しかし、そのあまりに日常的な光景は、かえって不安を生み出していく。教団全体がそのまっとうさに、どこかで飽きてしまうのではないか。日常の退屈さをいかにしてしのぐかが、現代の人間の根本的な問題である」

 知らないことは恐怖である。知らない宗教団体は恐怖である。ということで読み出した1冊。
 著者も新興宗教に加入していた過去はあるようだが、できるだけ中立的な意見だったので、非常にわかりやすかった。具体的な数値はほぼわからないとはいえ、加入者が何人いるか、過去にどのような事件?があったか、どうやって成長してきたのか、何が特徴かがわかりやすい。

 カルトが時に破滅的な行動を取るのか。終末思想が人を引き付け、集まった人の手前、行くところまで行くしかないという事情もわかった。

 宗教といえどそれは現実であり、神かがりがすべてでない。というより、そんなものは実際存在しない故に、より現実的だともいえる。退屈しのぎとはいえないが、心の救いを求めるエンターテイメントなのかもしれない。

 大切なものを失い、心が傷ついたりしたとき、言葉が救いとなることはある。時に宗教が救いになることもある。教祖の利益のためにそれがあるということだけはさけたいものだ。





関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。